鳥獣被害対策に仕掛けやすく、安全で軽量・コンパクトなくくりわなを好評発売中!
狩猟日記

ばねなしくくりわな 『いのしか御用』の特長

どのくくりわなでも踏込部に足を踏み入れることに着目し、

獲物が脚を踏み出す力を利用し、

ワイヤーがくくれる。

その原理を生かしました。

本体部(透明な樹脂板とその周囲を囲む白板)は

何枚かが重なってできており、

白板と透明板の間にワイヤーを沿わせ、仕掛けます。

そしてより戻し付近に針金を利用し竹杭を取り付け、

地中に叩き込みます。

獲物が本体部に足を踏み入れる

(中心に緩やかなカーブを描いており、

獲物の爪が滑りやすい設計)と、

その違和感でかなり飛び上がります。

竹杭と重なり合った本体部が押さえになり、

一瞬でワイヤーがくくれます。

暴れているうちに本体は脚から離れます。

これから先は通常のくくりわなと同じく、

ワイヤーだけで獲物の脚を捉えている状態です

透明板は耐衝撃性、耐熱性・低温特性に優れた性質を

持つ素材を使用しており、

一度の使用で壊れることはありません

(イノシシに噛みちぎられた狩猟者様はおります)

当組合では連続11回使用した実績(継続中)があります。

『いのしか御用』は至ってシンプル、付属部品はありません。

本体中央部(透明板の中心)に重量設定をしております。

狩猟界で最もトラブルになると言われている、

猟犬が誤ってかからないように

本体中央部に約20kgの重量設定をしております。

ですので、うりぼう等

の小さなモノはかかりません。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

PAGETOP
Copyright © 三原村森林組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.